弁理士とは ?



 弁理士とは、
  知的財産の法律家
です。

※キーワードのリンクをクリックしていただくと、詳細を確認できます。




知的財産の法律家とは ?



 より具体的には、

1. 知的財産の活用   知的財産で利益を得る

知的財産の活用の解説



 知的財産の活用とは、一言で言いますと、
  知的財産によって利益を得る
ということであり、
 弁理士は、そのための法的なサポートをいたします。
 具体的には、企業さんの代理人となって、知的財産で利益を得るための契約の交渉をしたり、 契約の締結をしたりいたします。
 ただし、弁理士法第4条第3項に規定されている契約に限られます。

 ノウハウ、特許、著作権、商標権というのは、契約によって他人に譲渡することができ、 それによって、場合によっては、莫大な収益を得ることができます。
 また、特許や商標の使用を他人に許可することによって、使用料を徴収することができます。
 知的財産の契約というのは、非常に専門的かつ技術的ですので、弁護士だけでなく、 弁理士も知的財産に関する契約の締結の代理ができることとなっています。
 弁理士は、クライアント企業のために、知的財産の活用のためのサポートをいたします。

2. 知的財産の保護   利益を得るための、土台を構築する

知的財産の保護の解説



 知的財産の保護とは、一言で言いますと、
 企業さんが生み出した知的財産で利益を得ていただくための、土台を構築する
ということであり、
 弁理士は、そのための法的なサポートをいたします。
 具体的には、特許を取得するための訴訟の代理をします。
 ただし、弁理士法第6条及び第6条の2に規定されている訴訟に限られます。

 御社が多大な費用をかけて、価値あるノウハウや技術を生み出したとしても、 他人に勝手に真似されてしまっては、かけた費用が無駄になってしまいます。
 知的財産の保護とは、
御社のノウハウや技術を、特許、著作権、又は営業秘密としての管理などによって、 他人に勝手に真似されないようにすることです。
 知的財産を保護することによって、知的財産の活用が活発になされるような土台を構築します。
 弁理士は、そのように、クライアント企業のために、知的財産の保護のためのサポートをいたします。

3. 知的財産の創造   知的財産を生み出す

知的財産の創造の解説



 一言で言いますと、
 価値のある知的財産を生み出す
ということであり、
 弁理士は、そのための法的なサポートをいたします。

 弁理士は、知的財産の専門家です。
  - どのようにすれば特許や著作権その他の権利で保護できるようなノウハウや技術を生み出せるか
  - 上記した、活用、及び保護に資する知的財産をどのように生み出せるか
についてのサポートをいたします。
 その一例として、御社の知的財産の棚卸しをいたします。
知的財産というのは、日本においては、十分に普及しているとはいえません。 企業さんによっては、非常に価値のある知的財産を保有していてたとしても その存在に気付いていない、ということがあります。
 弁理士は、御社に潜んでいる知的財産を発掘します。その上で、発掘した知的財産をいかにして保護し、活用していくかについての サポートをいたします。



のための 法律家 です。

弁理士は法律家



 皆様、「法律家」として、弁護士はよく御存じであるかと存じます。
 弁護士とは、一言で言いますと、
   有体財産の法律家
と言えます。
 有体財産とは、具体的には、お金や、家や、金銀財宝等のように、
   かたちのある財産
を言います。
弁護士は、有体財産、つまり、かたちのある財産について、
お客さんの代理人として、
 相手方と訴訟で戦ったり、
 相手方と契約の交渉をしたりします。
 弁護士に対して、
弁理士は、
   無体財産の専門家
   (知的財産)
と言えます。
 無体財産(知的財産)とは、具体的には、アイデア、デザイン、信用等のように、
   かたちのない財産
のことを言います。
 もし、あなたが、莫大な事業収益をあげられそうなアイデアを、頭の中で考え出しているなら、 そのアイデア自体が、知的財産(無体財産)になり得ます。
 そして、弁理士は、知的財産についてお客さんの代理人として、
 相手方と訴訟で戦ったり
  (ただし、弁理士法第6条及び第6条の2に規定されている訴訟に限られます。)、
 相手方と契約の交渉をしたりします。
  (ただし、弁理士法第4条第3項第1号に規定されている契約に限られます。)