知的財産とは ?



 知的財産とは、簡潔に言いますと、
かたちのない財産   (無体財産)
のことです。



かたちのない財産とは ?



 かたちのない財産とは、具体的には、

アイデア   「人間の創造的活動により生み出されるもの」

アイデアの解説



 我々は、

「人間の創造的活動により生み出されるもの」

を、アイデアと称しています。

 具体的には、
  - コンピュータのプログラム
  - 薬
  - 車のエンジン
等がアイデアに該当します。
      (「発明」「著作物」「ノウハウ」「考案」)

 また、
  - 車の外観を紙に書き起したもの
  - 携帯電話の外観の形状
等もアイデアに該当します。
      (「デザイン」「著作物」「考案」)

詳細はこちら

商標      「事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの」

商標の解説



 商標とは、

「事業活動に用いられる
     商品又は役務を表示するもの」


です。
 商標は、単に、マークと呼ばれることもあります。
 例えば、御社が、これまでになかったような斬新なペットボトル入りの清涼飲料水を開発したとします。
その飲料水を販売するときは、その飲料水が誰によって販売されたかを示すために、 御社はペットボトルに、会社名を付したシールを張り付けるでしょう。
 そのように、飲料水に社名が張り付けられたときに、 そのような社名は商標と言われます。
 そのペットボトル入り清涼飲料水が大変品質が良いものでありましたならば、 飲料水に貼り付けられた社名(商標)へのイメージは、どんどん向上していくでしょう。
そのイメージのことを、信用と称したりします。
 信用が増大していくほど、商標の価値も増大していき、
その商標が財産として取引されるようになります。

詳細はこちら

等であって、
いずれも 財産 としての価値のあるものです。

※知的財産とは、知的財産基本法第2条に定義されており、本ページでは、その定義に即した形で説明します。

※キーワードをクリックしていただくと、より詳しい内容のページが表示されます。





知的財産とは ? - サイトマップ



かたちのない財産とは ?
アイデア
商標
知的財産の保護
   特許
   著作権
   営業秘密
   その他アイデアの保護手段
   商標権
   その他商標の保護手段
知的財産の活用
   契約による活用
   紛争処理による活用
   訴訟提起に対抗する手段
   紛争を予防する手段